Ubuntu:Python3.6への切り替え

Ubuntu 16.04 LTSには標準でPython3.5とPython2.7が入っています。そのため、Python3.6を使いたい場合は別にインストールしなければなりません。

Python3.6をインストール

Jonathan Fさんのプライベートリポジトリからインストールします。
pipはhttps://bootstrap.pypa.io/から

[code lang=text]
$ sudo add-apt-repository ppa:jonathonf/python-3.6
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install python3.6 python3.6-dev
$ wget https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py
$ sudo python3.6 get-pip.py
[/code]

これでインストール完了です。

デフォルトをPython3.6にしたい

このままだとPythonのデフォルトバージョンは2.7のままなので、デフォルトをPython3.6に切り替えます。
Python2.7をデフォルトのままにしたい場合はスキップしてよいです。

設定はシンボリックリンクを使います。

シンボリックリンクとは
http://wa3.i-3-i.info/word1151.html
https://qiita.com/go_astrayer/items/ab993cdc420d4f7f50d4

[code lang=text]
mkdir -p $HOME/bin
ln -s /usr/bin/python3.6 $HOME/bin/python
[/code]

Python --versionを打つとPython3.6.*が表示されてデフォルトバージョンが切り替わったことが分かります。