ファイル権限の読み方

ファイル一覧をllもしくはls -laで開くと権限を調べることができます。

[text title=” “]
drw-rw-r– 1 user user 273 4月 7 22:46 sample
[/text]

drw-rw-r--の最初のdはディレクトリを表しています。また-だとファイルで、|はリンクファイルを表します。

d |
ディレクトリ ファイル リンクファイル

rw-rw-r--の部分はファイル権限の種類を表します。

権限付与の対象者は所有者、グループ、その他のユーザーの3つに分類されます。
rw-rw-r--で解説すると、頭からrw-(所有者)、rw-(グループ)、r–(その他のユーザー)と読んでいきます。

また、与える権限には読み込み権限、書き込み権限、実行権限などがあります。
[text title=” “]
u 所有者の権限
g グループの権限
o その他のユーザーの権限
a すべての権限
+ 後に記述した権限を付加する
– 後に記述した権限を削除する
= 後に記述した権限にする
r 読み込み権限
w 書き込み権限
x 実行権限
s セットID
t スティッキ・ビット
[/text]

さらに、r、w、xは組み合わせによって数値で表すことができます。
[text title=” “]
0 —
1 –x
2 -w-
3 -wx
4 r–
5 r-x
6 rw-
7 rwx
[/text]

この数値をrw-rw-r--に当てはめると、664となります。

まとめると、
所有者はrw-で読み取り書き込みの権限が付与され数値は6、
グループはrw-で読み取り書き込みの権限が付与され数値は6、
その他のユーザーを読み取り権限が付与され数値は4
と読むことができます。