Linux:ファイルの圧縮と解凍

毎度必要なときに忘れてしまうので備忘録として残しておきます。

ファイルを圧縮したい場合はオプションfで指定します。
また、オプションvを付けることで圧縮、解凍状況を表示することができます。

zip

[bash title=”圧縮”]
zip -r 圧縮後のフォルダ名 圧縮するフォルダ
[/bash]

[bash title=”解凍”]
unzip 圧縮フォルダ名
[/bash]

tar.gz

[bash title=”圧縮”]
tar -zcvf 圧縮後のフォルダ名 圧縮するフォルダ名
[/bash]

[bash title=”解凍”]
tar -zxvf 圧縮フォルダ名
[/bash]

tar.xz

[bash title=”圧縮”]
tar -Jcvf 圧縮後のフォルダ名 圧縮するフォルダ名
[/bash]

[bash title=”解凍”]
tar -Jxvf 圧縮フォルダ名
[/bash]

tar

[bash title=”圧縮”]
tar -cvf xxxx.tar directory
[/bash]

[bash title=”解凍”]
tar -cvf xxxx.tar directory
[/bash]

x : extract(展開)
v : verbose(展開内容を表示)
z : gzip対応
f : file から展開(デフォルトはテープデバイス)
j : bzip2対応
J : xz対応

参考
https://qiita.com/supersaiakujin/items/c6b54e9add21d375161f
https://qiita.com/t-kubouchi/items/158e02aa6b8e62b76242